理系作業療法士のブログ

日本一理屈っぽい作業療法士。何を持って日本一理屈っぽいとするかは検討中。 呼吸器、整形外科、認知症を中心に取り組んでいます。3学会合同呼吸療法認定士。

理系作業療法士のブログ イメージ画像

更新情報

理系OTです。肺のガス交換がうまくいっているかどうかを見る指標に肺胞気-動脈血酸素分圧較差(A-aDo2)があります。 これは、肺胞と動脈血の酸素分圧に差があるか?を見ています。ガス交換は普段、肺胞と動脈で酸素をやりとりしていて、どちらにも均等に酸素が存在する状態
『【呼吸療法認定士】A-aDo2の計算式と開大要因』の画像

理系OTです。呼吸療法認定士の試験に時々出てくる(試験対策問題集に出てくる) 肝・肺症候群についてです。臨床的に私は出会ったことはありません。もっと急性期病棟の多い病院にお勤めの方は出会うかもしれませんが、 試験には出てきます。肝・肺症候群とは、肝臓病があ
『【呼吸療法認定士】肝・肺症候群とは』の画像

理系OTです。身体障害領域の作業療法は、現在は疾患別リハビリテーション料として行われますが、今から約20年ほど前は、集団や個別に分かれていました。改定年度主な内容1992「総合リハビリテーション承認施設」基準導入2000「回復期リハビリテーション病棟入院料」基準導入2
『診療報酬改定の流れを眺めると作業療法にはスピード感が求められている』の画像

理系OTです。さっそくですが、呼吸困難と呼吸不全の違いを説明できますか?呼吸困難=酸素飽和度(SPO2)が低下ではないです。呼吸困難は本人が感じる主観的なものです。原則として、酸素飽和度では計測できません。計測できる時というのは、呼吸困難と呼吸不全が同時に起こっ
『呼吸困難と呼吸不全の違いについて』の画像

理系OTです。2,3-DPG(ジホスホグリセド)についてです。試験の時、主に酸素解離曲線の話のときによく出てくるコレです。ほとんど酸素解離曲線で出てきます。 2,3-DPG(ジホスホグリセド)は、赤血球の代謝産物で、低酸素状態が数時間以上続くとDPG量は増加して酸素解離曲線

理系OTです。年末の仮想通貨バブルを受けてなのか、ブログやTwitterを見ていると仮想通貨の話題に触れている人を結構お見かけしました。 SPONSORED LINK バブルの時というのは、実態がなくても投機家が「もっと上がるんじゃないか」と考えるのでどんどん加熱していき
『自分とお金のどちらに投資するか、先を見据えてよく考えよう』の画像

理系OTです。今回はFIMの整容についてです。 FIMは実際に「している」ADLの評価です。そして、FIMを採点する時は採点範囲を意識することが非常に重要です。FIMは採点範囲がきっちり決まっていて、かなり間違いやすいです。それでは採点範囲から見ていきます。 SPONSORED L
『【ADL】FIMをマスターする【整容】』の画像

理系OTです。今回は動作分析の話ですが、主観満載ですので、あしからず。 動作分析は経験に基づいてなされる事が多く、客観的でないとの指摘があります。私もその通りだと思います。この記事はエビデンスベースではなくエクスペリエンスベースです。 SPONSORED LINK
『【ADL】食事動作のタイプについて(主観満載)』の画像

理系OTです。サプリメントの話です。今日の話は完全に個人的な話です。私はフットサルをしているのですが、プレー中に足がつる事があります。私が足をつる理由はおそらく、ミネラル不足と、単純に運動不足です。 SPONSORED LINK ミネラル不足を補うために、マグネシウ
『サプリメントの話』の画像

理系OTです。作業療法士は、分野も領域も様々なので色んなタイプの人がいます。大事なのは自分にとって苦手な事をしない事です。得意でなくても大丈夫ですが、苦手な事に取り組んでも辛くなります。 SPONSORED LINK 自分に向いてないけど憧れだったり理想を追いかけて
『作業療法士としての自分のタイプをよく考えよう』の画像

↑このページのトップヘ