理系作業療法士のブログ

作業療法をもっとロジカルで分かりやすいものに。

スポンサーリンク

呼吸リハビリテーションにおいて必須の評価とは?【呼吸療法認定士】

「呼吸リハビリテーションで必須の評価」と聞かれてすぐに答えられるでしょうか? 呼吸療法認定士の試験で問われているようなので簡単にまとめてみました。 なお、臨床的にはもっと多くの評価を行いますので、あくまで試験対策として見ていただけますと幸い…

IoTの進化によって理学療法・作業療法は進化する【IoT】

IoT(Internet of Things)(モノのインターネット)をご存知でしょうか? 病院での使用は研究段階ですが、”Moff”という面白いサービスが開発されています。 IoTやデータの活用について書いてみました。 IoTとは モノのインターネット(Internet of Things, …

利き手交換して箸を操作する方法【利き手交換 箸操作】

怪我をしたり脳卒中になったり、利き手が使えなくなることがあります。 そういった時には反対の手で食べることになりますが、 非利き手での箸操作は、結構難しいので練習が必要です。 非利き手での箸操作練習を書いてみました。 そもそも正しい箸の動かし方…

厚生労働省の議事録からリハビリの未来を考えてみる【雑感】

平成30年に医療介護同時改定があります。 リハビリ職にとっては厳しい改訂になると予想されます。 介護給付費分科会審議会を見て、 リハビリの評価項目の再考と、リハビリの対象者そのものを新規開拓していく必要があると思いました。 介護給付費分科会審議…

OTなら知っておきたい!慢性呼吸器疾患の3つのポイント

呼吸器疾患の作業療法って難しくありませんか? 本を読んでも、呼吸器障害の作業療法はあまり載っていないし、 載っていても「呼吸苦を楽にする動作方法」とかちょろっと載っているだけ。 ADLの動作方法が載っていても、実際の臨床場面では練習すべき回数な…

OTなら知っておきたい!栄養不良の見方

OTをする上で栄養の知識は必須です。 こんなことはありませんか? 「一生懸命リハをやっているはずなのに、なぜかADLが上がらない」 これは栄養不良が原因かもしれません。 そんな時は血液生化学検査とBMIを見直してみてはいかがでしょうか。 「難しそう」 …

平成30年の医療介護同時改訂とベーシックインカムからキュレーションの重要性を考える【雑感】

リハビリ職としては厳しい改訂になりそうな予感 医療保険のリハビリ点数は減ってきています。 リハビリを行える期限もどんどん短くなっていますし、 医療保険から介護保険への移行を促進するという名目で「目標設定支援管理料」を算定しないと減算されます。…

呼吸療法認定士 試験のための備忘録

忘れがちな知識についてまとめてみました。 血液ガスの正常値 PH:7.35~7.45 PaCO2:35~45mmHg PaO2:80~100mmHg HCO3-:22~26mEq/l Ag:12±2mmol/l BE:±2mEq/l ↑代謝性アルカローシス ↓代謝性アシドーシス ※体重60kgの健康な人は、FIO2=21%の空気を1分間に 600ml…

なぜバイタルサインを測定するのか?〜バイタルサインの意味〜

簡単なようで意外に難しいのがこの質問です。 「とりあえず測ります」と言われた事があり、その時はちょっとビックリしましたが^^; リハビリテーションの本質の記事で書いたとおり、活動や参加を増やすためには臥床時間を減らして可能な限り運動を増やすこと…

iPhoneのヘルスケアアプリは健康について知るために使える

「健康」について知る リハビリで効果を出すためには、健康について知ることはかなり有効だと思います。 ここで言う健康とは、「元気に過ごす」ような簡単なのものです。WHOの概念も立派ですが、現場で働く者としてはもう少し一般的な健康を大切にした方がう…