17b6d52b0c8a73141e469955a416cd44_s

理系OTです。

呼吸療法認定士の試験に時々出てくる
(試験対策問題集に出てくる)
 肝・肺症候群についてです。
臨床的に私は出会ったことはありません。
もっと急性期病棟の多い病院にお勤めの方は出会うかもしれませんが、 
試験には出てきます。

肝・肺症候群とは、肝臓病がある患者さんが

心臓や肺に異常がないにも関わらず 
低酸素血症を起こす病態

です。 

肝疾患の存在、低酸素血症、肺内シャントを主徴とします。
肺血管の拡張による肺内シャントが生じます。

ちなみに、某雑誌の問題と回答で、拡散障害が原因、とされていましたが
私の調べた範囲では肺内シャントでした。

参考:
  • 胸部CTにて末梢血管の拡張を認めなかった肺肝症候群の一例,日本呼吸会誌,2008
  • 呼吸不全を来たし、肺肝症候群と診断した一例,日本内科学会雑誌105巻,2016

それでは。

大変励みになります。応援のポチをお願いします。↓

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ


SPONSORED LINK