「作業療法って何」という質問に答えるのはとても難しいです。

なぜ難しいかと言うと、専門性を見出す部分がかなり分かりにくいからです。
 

OTにもここで悩み、

作業の理論に立ち返ろうとする人、手や高次脳に居場所を求める人…

色んな考えの人がいます。

この問題に対して、学生時代を含めて10年程悩んで、色んな勉強をしてきました。

でも勉強をすればするほど、それぞれの意見に致命的な弱点に気づいてさらに悩むことにw

素晴らしい考えや評価法はあるけど、
コストパフォーマンスやエビデンスの観点から主流になるのは厳しいと思います。

(誤解のないように、それぞれの考えは非常に素晴らしい)

 

定期的にこの問題に悩みますが、最近は「患者さんにとって有益であればOK」で、
どこかの部分で”作業”を使っていればそれは作業療法と言えるのではないかと思います。

 

「作業療法はこうあるべき」みたいな思い込みに拘って患者さんに不利益を与える事の方が間違っていると思います。

作業を使って患者さんのためにベストを尽くす仕事、それでいいと思います。


それでは。

大変励みになります。応援のポチをお願いします。↓


SPONSORED LINK