新年度が始まりました。

新入職のOTさんたちは、新しい仕事場で

実習や国試とはまた違う知識をたくさん勉強していく必要があります。

職場の先輩たちにどんな勉強をしていけばいいか聞くのもいいし、

自分で必要な本を買うのもありだと思います。

今回は、身障のOTなら持っていても損はないと思える書籍を紹介しようと思います。

 

SPONSORED LINK


 

まずは『人間作業モデル』

OTの考え方やAMPS、ACISなどの評価法が載っています。翻訳が分かりにくい所も多いですので、一度書店で確認してからの購入をお勧めします。汎用性が高いとは思いませんが、OTとしての核の部分だと思いますので、1冊目に挙げます。

急性期、回復期どちらでも「リスク」がつきまといます。

転倒はもちろん、DVTがある患者さんのリハってどうしたらいいか?なんてほとんどの方は学校でも実習でも学ぶことはないと思います。

リスク管理は必ず必要です。

また、急性期では特に呼吸、循環の問題や薬剤の影響など、考える事が多いです。離床についてはこの本の内容をまず抑えておけばいいのではないでしょうか。
 





解剖学は何冊も見ましたが、『プロメテウス』が一番お勧めです。絵がとても見やすいのと、医学的な一口メモ、簡単な運動学も載っていて飽きない事がその理由です。ボバースやCIMT、PNF、AKA、SJF…色んな手技を勉強することも必要ですが、病院で行うリハビリは医学です。結局解剖が大切だと実感します。

運動学は『4DCT』が一番です。学生のころは某『基◯運◯学』を使っていましたが、就職してからこの本を見て衝撃を受けました。この本はDVDが付いていて、人体が動いている所を4DCTで見ることができます。ハッキリ言って、学生の頃に習った事は結構な部分が間違っていると感じました。『キネシオロジー』は滑り・転がりを初め、数学的な手法で解説されている部分も多く、とても分かりやすく詳しいです。

解剖学と併せて、実際に触れるようにすることが求められます。触診はプロメテウスと併せて持っておくと心強いです。

 当院は整形外科が多いのですが、OTは実習で肩関節疾患を見ないことが多いです。

肩は関節の自由度が高く炎症を起こしやすいという特性があり、拘縮治療(運動療法)が難しいのですが、この本は解剖学、運動学、生理学から手技まで分かりやすく解説してくれています。

基本や基礎は体に叩き込むように反復することが大事です。

「うーん・・・なんだっけ?」と思い出そうとしているような知識は現場ではほとんど役に立ちません。

自然に思い浮かぶようになるまで、何度も何度も何度も反復することが大事です。

今回挙げた本は、今でもほぼ毎日見ています。

もうすでに、自然に思い出せるにもかかわらず、です。

頭の中に正確に人体をイメージできる事が必要で、

イメージできるかどうかが、治療成績を決めます。

特別なことをできる必要はありませんが、当たり前のことを当たり前にできることは必要ですので。

 

それでは。

大変励みになります。応援のポチをお願いします。↓


SPONSORED LINK