理系作業療法士のブログ

作業療法をもっとロジカルで分かりやすいものに。

生活行為向上マネジメント(MTDLP)への疑問

まずはじめに断っておきます。

 

MTDLPに否定的な内容です。

 

力を入れておられる方は不快になるかと思いますので、ここで引き返してください。

 

大丈夫ですね?

 

私個人の意見です。

あくまで個人の意見ですが、未完成品すぎて使い物になりません。

「機能訓練に偏らず、生活を診る」MTDLPの意義は理解しますが、全くと言っていいほど実用的とは言えません。

 

一番大きなポイントとしては、

「OTの介入は生活行為を改善できる」ことを保証するものではない

ことです。

そもそも「生活行為」の言葉の定義も曖昧ですし、人によって違いすぎますし。

まあ、生活行為 ≒ ADL + IADL  ぐらい大ざっぱに捉えるとしても、

「生活行為を良くする」ことは、ヒジョーーーに難しいことです。

生活行為に対しての予後予測としては、現状では

「病気・怪我の重症度」≫「OTの介入」であり、

「クライエントの年齢」≫「OTの介入」であり、

「クライエントの金銭的・人的資源の豊富さ」≫「OTの介入」であるのは間違いありません。

もちろん、クライエントに潤沢な資金と超協力的なご家族様がいて、いつでもどんな風にでも建て替えられる家と、知識もスキルも超絶ハイレベルな医療・介護スタッフがついていれば話は別ですが。

 

しかし。

 

実際に遭遇するケースに、そんな恵まれた人はまずいません。

むしろ我々が普段向き合っているのは、

高齢で重度の病気になり、体を動かすのも億劫で、金銭的・人的資源もほとんどない人ではないでしょうか。

 

そのようなケースに対して、あなたは「OTが介入すれば良くなりますよ!」と胸を張って言えますか?

 

生活行為を良くすることができないのであれば、わざわざMTDLPを使う必要はありません。

OT協会が本気でMTDLPをやっていくつもりならば、

病気の重症度や年齢、資源といったマイナス因子を(覆せるとまでは言わなくても)対抗できるぐらいのADL・IADL・生活行為のスキルを作ることが先決ではないでしょうか?

某ダイエットジムのように「結果にコミットする」姿勢はOTが思っている以上に大切です。

OT全体として、自分たちの出している結果にもっと真剣に取り組まなければならないと思います。