理系作業療法士のブログ

作業療法をもっとロジカルで分かりやすいものに。

スポンサーリンク

iPhoneのヘルスケアアプリは健康について知るために使える

「健康」について知る

リハビリで効果を出すためには、健康について知ることはかなり有効だと思います。

ここで言う健康とは、「元気に過ごす」ような簡単なのものです。WHOの概念も立派ですが、現場で働く者としてはもう少し一般的な健康を大切にした方がうまくいくと思います。

健康について知る上で、iphoneのヘルスケアアプリは結構使えると思うので、書いてみます。

ヘルスケアは4つに分かれていて、「アクティビティ」「マインドフルネス」「睡眠」「栄養」の4つです。

リハビリ職としてはやや足りないかもしれませんが、結構シンプルで好きです。

f:id:zenryu:20170922224833p:plain

アクティビティ

「アクティビティ」は歩数計や活動量を計測します。運動することで、骨や筋肉など運動器を強く保ち、サルコペニアや整形外科学会で推奨されているロコモティブシンドロームを予防するために使えます。CVAなどが分かりやすいと思いますが、ADL・歩行能力を向上するにはもとの運動器の機能が大切で、病前から運動している人は回復が早いです。

◯◯法、みたいなものよりこちらの方が大切だと思います。

f:id:zenryu:20170922225258p:plain

マインドフルネス

「マインドフルネス」は鬱や感情のコントロールなど、現代社会に生きる者として重要なものです。心の健康がその人の健康とも言えます。

f:id:zenryu:20170922225339p:plain

睡眠

「睡眠」は身体の回復、記憶の定着など数え切れないほど大きな効果があるもので、健康でいるためには睡眠の質もこだわりたいものです。睡眠薬を飲んだり、アルコールを飲まなければ寝られない、という事はありませんか?そういった事態を避けるためには、ストレスを適度に保つ必要があります。

f:id:zenryu:20170922225614p:plain

栄養

「栄養」トレーニングについて勉強した時に初めて知ったことが多いです。

特に、知られている以上にタンパク質の摂取は大切です。認知機能に対して地中海食が有効という報告もありますし、テニスのジョコビッチ選手の影響で、グルテンフリーが流行していた事もあります。最近は炭水化物からグリコーゲンを摂取する代わりに、タンパク質と油からケトン体を増やす、ローカーボダイエットなんかも流行っています。

血液検査でアルブミン(Alb)や総蛋白(TP)などは見ると思いますが、それ以前の栄養について知ることも大切かと思います。

f:id:zenryu:20170922225711p:plain

リハビリにとって必須の知識とは、怪しげな方法論ではなく、王道で行くことではないでしょうか。。。

iPhoneをお使いの方は、ぜひ一度見て頂きたいなと思います。