理系作業療法士のブログ

作業療法をもっとロジカルで分かりやすいものに。

スポンサーリンク

2017年度版 おすすめ書籍【解剖学、生理学、運動学】

参考書マニア(自称)が個人的にいつも参考にしている書籍をご紹介したいと思います。

解剖学のおすすめ

解剖学はこちら。

「プロメテウス解剖学アトラス」

毎年安定しておすすめできます。圧倒的にわかりやすい。

この5年、この本だけは全くぶれていません。

詳しいし、絵が美しく、他の書籍の追随を許していません。

学生さんから経験年数を重ねた方まで幅広くおすすめできます。

 

「もっと三次元的にイメージしたいんだ!」という意識の高い方向けに、iOS/Androidアプリ「ヒューマン・アナトミー・アトラス2017エディション」をおすすめします。

 

 

このアプリの良い所は、なんといっても神経だけ、筋肉だけ、血管だけなど個別に表示させたり、特定のものだけ取り除いたりできる点です。

もちろん回転させることもでき、自由にいじることができます。

三次元なので、立体的に理解することができます。

本は二次元ですが、このアプリでは三次元的に理解できるのは非常に便利です。

f:id:zenryu:20170710221734p:plain

 

また、腹部や頭部の解剖図をCTで見ることができ、CT画像の勉強にも使えます。

f:id:zenryu:20170710221720p:plain

臨床では三次元の理解がものを言いますので、こちらも非常に使えると思います。

買ってからまだそれほど日が経っていませんので、今後もっと使って行こうと思います。

スマートフォンで使用しているのですが、ipadぐらいのサイズの方が見やすいと思います。

生理学のおすすめ 

 続いて、生理学はこちら。

安静時と動作時の生理学を整理して理解することができます。

「リハビリテーション運動生理学」

「4D-CTで解き明かす関節内運動学」

運動学は、実際の動きが全てです。

本を読んでイメージするよりも動画で見てイメージする方が早いし確実です。

DVDを見ると、紙面で読んでイメージしていたものが不正確であったか事が分かりました。

ただし、文章自体は、少し難しいです。

SJFや関節運動についての背景知識がある程度は必要ですので、必要に応じて「筋骨格系のキネシオロジー」などで補って行く必要があると思います。

 

 

www.rikei-ot.com