理系作業療法士のブログ

作業療法をもっとロジカルで分かりやすいものに。

スポンサーリンク

利き手交換して箸を操作する方法【利き手交換 箸操作】

f:id:zenryu:20171017233223p:plain

 怪我をしたり脳卒中になったり、利き手が使えなくなることがあります。

そういった時には反対の手で食べることになりますが、

非利き手での箸操作は、結構難しいので練習が必要です。

非利き手での箸操作練習を書いてみました。

そもそも正しい箸の動かし方は

上の箸を「動作箸」、下の箸を「固定箸」と呼びます。

この2つの箸の役割を個別に評価・訓練することがポイントす。

f:id:zenryu:20171017231834p:plain

固定箸は動かさず、動作箸でつまむのが正しい箸の動かし方です。

f:id:zenryu:20171017232043p:plain 

f:id:zenryu:20171017232227p:plain

正しくない例

f:id:zenryu:20171017002203p:plain

最初は固定箸がうまく行かず、箸が「X」の字のようにクロスしてしまった状態です。

これでもつまむことはできますが、外食などの場でも食事できるようにするにはもう少し練習が必要です。

こうなってしまう原因は、固定箸と動作箸がうまく機能させられていないことでしょう。

固定箸と動作箸を分けて練習することで改善できます。

まず固定箸から。

 固定箸の持ち方と練習方法

固定箸は「環指(末節骨〜基節骨)」「示指(中手骨)」「母指(中手骨)」でしっかり固定します。

この場所で固定できるように練習します。

f:id:zenryu:20171017232613p:plain

まずはこの位置で箸を持ちます。

f:id:zenryu:20171017002055p:plain

さらに、セラピストが箸の先端を軽く押して、耐えられるか確認します。

セラピストが押す力は弱くて構いません。

f:id:zenryu:20171017001751p:plain

ただし上から押した時に環指が屈曲しすぎないように注意します。

また、中指を使って固定するのもダメです。

どちらも、後で動作箸を動かす時にうまくいかなくなるからです。

ここが最初にして最大の難関かもしれません。

動作箸の持ち方と練習方法

 示指、中指、母指で箸を持ちます。

f:id:zenryu:20171017230220p:plain

そして示指と中指で箸の開閉を操作します。

動かした時に箸が落ちないように練習します。

f:id:zenryu:20171017230328p:plain

箸でつまむ練習

動作箸と固定箸を持ち、操作してみます。

中指で固定箸を押さえてしまったり、

固定箸が動いたりしないように注意して練習します。

f:id:zenryu:20171017230909p:plain

f:id:zenryu:20171017231052p:plain

操作に慣れたら、スポンジなどを切ってつまむ練習をします。

それができたら、ハンカチや薄いタオルなどをつまんでひっくり返す練習をします。

これは箸というより肘や肩関節の協調運動を練習するためです。

あとは実際の場面で少しずつ慣れていくことです。

非利き手で操作すると、普段使わない手内在筋の疲労もありますので、

最初から長時間操作し続けるのは大変です。

でも、練習を続けて実際に使い続けていると少しずつ筋力もつき、慣れていきます。

まとめ

  • 動作箸と固定箸を分けて練習する
  • つまむのに慣れたらスポンジ、それに慣れたらハンカチなどをひっくり返す練習をする

今回の方法以外にも良い方法は色々あると思います。

レパートリーの一つとして使っていただけたら幸いです。