理系作業療法士のブログ

作業療法をもっとロジカルで分かりやすいものに。

スポンサーリンク

ちょっとだけためになる?呼吸筋の覚え方【呼吸療法認定士】

 呼吸に働く筋の名前は、呼吸療法認定士試験でも、PT/OTの国家試験でも出題されています。 結構覚えにくくて、その時は覚えたつもりでも、試験になると、間違える。

間違えなくても、「あれ、どっちだっけ?」と悩み、時間がかかってしまう。それではもったいない。考え方を知っておけば、忘れても応用ができます。

 間違えやすい分類

教科書などを見ると、このように書かれています。

安静吸気:横隔膜と外肋間筋の収縮

安静呼気:筋の収縮なし 横隔膜と外肋間筋の弛緩、肺・胸郭の自然収縮

努力吸気:胸鎖乳突筋、僧帽筋、大胸筋、小胸筋、菱形筋

努力呼気:内肋間筋、外・内腹斜筋、広背筋、胸横筋など

 これをそのまま丸暗記するのは間違いのもとです。間違える原因は、安静か努力かで分類していることだと思います。

間違える原因→安静時と努力時で分類している

どういうことかと言うと、下のようになります。 

安静

吸気:横隔膜と外肋間筋の収縮

呼気:筋の収縮なし 横隔膜と外肋間筋の弛緩、肺・胸郭の自然収縮

努力

吸気:胸鎖乳突筋、僧帽筋、大胸筋、小胸筋、菱形筋

呼気:内肋間筋、外・内腹斜筋、広背筋、胸横筋など

これだと関連性なく覚えないといけません。 

安静か努力かで分類して覚えるのではなく、吸気なのか吸気なのかで分類した方が覚えやすいです。

間違えにくい分類→吸気と呼気で分類する

この表を編成し直して、吸気で働く筋と呼気で働く筋に分けます。

吸気

安静:横隔膜と外肋間筋の収縮

努力:胸鎖乳突筋、僧帽筋、大胸筋、小胸筋、菱形筋

呼気

安静:筋の収縮なし 横隔膜と外肋間筋の弛緩、肺・胸郭の自然収縮

努力:内肋間筋、外・内腹斜筋、広背筋、胸横筋など

こうすると、見えてくるものがあります。

 吸気に働く筋=胸部と頸部、呼気に働く筋=腹部と背部

吸気に働く筋は、横隔膜の収縮を除けば胸部や頸部の筋であるということです。

反対に、呼気に働く筋腹部と背部の筋です。

呼気の場合は、肺の柔らかさでふくらんだ後に勝手に縮んでいく、ということだけ付け加えて覚えておけば、間違いは減ると思います。

わざわざまとめるほど大げさなものでもないんですが、

試験でなくても臨床でもすぐに考えることができるので、便利ではないかと思います。 

 

よろしければこちらもご覧ください。

 

www.rikei-ot.com

www.rikei-ot.com